このページでは、黒川清流公園の四季折々の自然について、最新のニュースやトピックを紹介していま
す。カワセミハウスでは黒川清流公園で見られる動植物などを紹介するパンフレット『黒川清流公園の自然』
作成し無料でお配りしています。同パンフレットのPDF版はこのページからご覧いただけます。

  ⇒こちら


○ 2020年度<黒川マイスター講座>が開講中です。

  湧水と緑豊かな黒川清流公園とその周辺の魅力を伝え、身近な自然環境と私たちの暮ら
 しとが共生できる「日野市ならではの豊かな暮らし」を広めていただく「マイスター」を
 育成することを目的とし、「黒川マイスター講座」を開催します。この講座は2018年度に
 第1期をスタートし、今年度で第3期目となります。
  講座修了後は、仲間や修了生たちと一緒に黒川を散策して、ちょっと気になる植物であっ
 たり、昆虫だったりと好きな分野を学んだり、これまで気が付かなかった黒川の魅力を再
 発見して、黒川を訪れた方などにその魅力を伝えるなど、緩やかに楽しく活動をしてもら
 えればと考えています。
 
 <募集概要> 《現在募集は終了しています!》

  ・対 象  :日野市在住、あるいは在勤もしくは大学生以上の在学者で、講座に
           8割以上出席できる方
  ・定 員  :先着順で10名(過去に受講された方も参加できます)
  ・参加費  :無料
  ・期 間  :2020年5月〜2021年3月まで(1回/月のペースで計11回を予定)
  ・会 場  :カワセミハウス及び黒川清流公園
  ・申込方法 :電話にてカワセミハウスまで
  ・申込期間 :4月7日(火)から4月24日(金)まで


 <講座の日程表>

  今年度は、新型コロナウイルス感染防止のために5月の第1回講座が延期されたために、
 全11回の講義数が10回に変更になりました。新しい日程表は次のとおりです。

月 日講 座内容と講師
 1 《終了》
 6月26日(金)
講義
・実習
《午前》 開講式、オリエンテーション
日野市の公園緑地、黒川清流公園の樹木観察
講師:緑と清流課職員、カワセミハウス職員ほか
------------------------------------------------------
《午後》 黒川清流公園の歴史、地形
講師:水と緑の日野・市民ネットワーク 飯島利三氏
 2 《終了》
 7月25日(土)
講義
・実習
《公開講座》 トコロジストになろう!!
講師:(公財)日本野鳥の会普及室 箱田敦只氏
 3 《終了》
 8月21日(金)
実習 黒川清流公園の水生昆虫
講師:元 日野市緑と清流課職員 鶴田大三郎氏
 4 《終了》
 10月23日(金)
実習 黒川清流公園の植物観察
講師:日野の自然を守る会 立川絹代氏
 5 《終了》
 11月27日(金)
講義
・実習
《午前》 黒川清流公園の湧水はどこから来るのか?
講師:東京農工大名誉教授 小倉紀夫氏
------------------------------------------------------
《午後》 黒川清流公園徒然雑記
講師:黒川マイスター 田中徹氏
 6 《終了》
 12月18日(金)
実習 黒川清流公園 とりの鳥しらべ
講師:日野の自然を守る会 金子凱彦氏
 7 1月29日(金)講義
・実習
《公開講座》 生物多様性て、なに!
講師:(特定)樹木・環境ネットワーク協会 中西由美子氏
 8 2月26日(金)講義
・実習
 黒川清流公園の自然を考える
講師:黒川マイスター 村岡明代氏
  小論文提出  《テーマ》 本講座受講の動機と今後の自身の目標について
《提出期間》 2月26日〜3月12日
 9 3月26日(金)講義最終回 認定書授与、感想、抱負
 マイスターの今後の展開について
講師:黒川マイスター講座事務局


○コジュケイの親子(東豊田緑地保全地域)

  カワセミハウスでは、昨年に続きコジュケイが黒川清流公園で繁殖したという情報を得ていました
 が、親子に出会うことはできませんでした。近隣にお住まいのマイスター講座2期生の佐藤さんが清
 流公園よりも上の保全地域内で親子に遭遇し写真に収められたとのことですのでご紹介します。

  写真にはヒナは2羽写っていますがもっとたくさんいたことでしょう。雑木林の中にやぶが適度に
 残ってることがコジュケイの繁殖に良い結果をもたらしていると思われます。

  

  


○ 写真展『黒川地区の身近な自然』を開催しました。

  日野市の宝である身近な自然環境の大切さをテーマに、水と緑豊かな黒川清流公園と
 東豊田緑地保全地域の身近な自然を紹介します。
 ぜひ会場へお越しいただき、私たちが暮らす日野市ならではの魅力を再発見してみませ
 んか?ご来場をお待ちしています。

 ・期 間: 2020年8月7日(金)〜13日(木)《終了しました!》
 ・会 場: イオン多摩平の森 2階 グリーンパークストピック横
       正面玄関側のエスカレーターを2階に上がった所です
 ・時 間: 午前10時〜午後9時
 ・参加費: 無料です
 ・申込み: 不要です。直接会場にお越しください
 ・お問い合わせはカワセミハウス(TEL:042-581-1164)まで
  
                                


 <見て聞いて知ろう・くろかわシリーズ>が始まりました!

  カワセミハウス協議会には「環境分科会」という、環境活動を行う団体の集まりがあります。この環境分科
会では<見て聞いて知ろう・くろかわシリーズ>というタイトルの公開セミナーを年に数回開催しています。
  このシリーズは、豊かな湧水と緑に恵まれた黒川清流公園とその周辺の地域について、その自然や歴史・人
々との関わりについて、様々な角度から学ぶことを目的にしています。

  第1回目は、黒川清流公園に詳しい一ノ瀬正彰氏を講師にお迎えして、昔の公園についてのお話を聞き、
この地域のこれからについて皆で考えてみようという趣旨で、2019年2月2日(土)にカワセミハウスで開催
されました。参加者数は36名でした。

   


  第2回目は、2019年9月21日(土)にカワセミハウス館長小倉紀夫氏を講師に、黒川清流公園の名前の由来
にもなっている豊富な湧水について科学的に知ろうという趣旨で開催されました。湧水の水温や伝導率、流量に加え
パックテストで水質も調べました。参加者数は16名でした。

   

  第3回目は、2019年10月23日(火・祝)に「黒川清流公園誕生秘話〜あずまやと水路のお話」と題
して、昭和58年〜59年にかけて黒川清流公園の整備工事に携わった元日野市職員の笹木延吉氏を講師にお迎えし、
公園整備の経緯や苦労話などを聞かせていただきました。

   





 四季の<黒川清流公園の自然>フォトギャラリー

  ここからは、カワセミハウス内にあるデジタル・サイネージのモニターで公開している写真のなかから、
 カワセミハウスのスタッフが撮影した最新のものをご紹介します。


○ 1月の黒川清流公園

  ノシランの実
   青く色づいた実がたわわになっています。もう少し濃くなりそうです。

  


   濃い青色に色づいた実は鳥に食べられてしまうのか、この色になると1つの房に付く実の数が
  少なくなっています。

  


  メジロ

  


  エナガ

  


  コゲラ

  


  ルリビタキ(雄)
   翼に白斑がないのでジョウビタキのメスではないことが分かります。

  


   脇腹の黄色と、ルリビタキらしいつぶらな瞳が良くわかります。

  


   お腹の向こう側から少しはみ出た風切羽が青みがかっているのがわかります。

  


  テントウムシの一種
   樹木名札の裏で越冬していました。直径3mmほどの小さなテントウムシです。テントウムシの仲
  間は日本では180種ほどが知られていますが、その半数以上がこのテントウムシのような直径5mmに
  満たない小さな種です。

  


○ 12月の黒川清流公園

  カモで賑わう大池
  この日はカルガモ28羽、マガモ10羽、合わせて38羽。11月25日に記録した34羽(カルガモ22羽、
 マガモ12羽)を超え、今シーズン最多記録を更新しました。

  


      ⇒
12月の写真はこちら


○ 11月の黒川清流公園

  秋深まる黒川清流公園の散策路

  


  ヤツデの花
  ヤツデの本来の自生地は暖地の海岸近くの山林ですが、庭木としてよく植えられるため、種が鳥に運
 ばれてこの辺りにも自然に見られるようになったものと思われます。冬に咲く数少ない花の一つで、気
 温が高い日にはハチやアブなどがこの花を訪れます。

      ⇒11月の写真はこちら


○ 10月の黒川清流公園

  キチジョウソウ(吉祥草)キジカクシ科: この花が咲くと吉事があるという言われからこの名
 があります。11月頃に、葉の陰に隠れるようにして薄紫色の穂状の花を咲かせます。地下茎が発達して広
 がるので群生していることが多く、黒川清流公園(東豊田緑地保全地域)でも数か所群生地があります。

     ⇒10月の写真はこちら


○ 9月の黒川清流公園

  ヤマホトトギス(山杜鵑)ユリ科
  山野の林に自生する野草で、秋になると白地に紫色の斑紋のある花を枝先に数輪咲かせます。突き出た
 おしべと大きく外側に反り返った6枚の花びら(正確には萼片3枚と花弁3枚)は特徴があり、花が咲けば
 かなり目立ちます。名前の由来は花の紫色の斑紋がホトトギスの胸の斑紋に似ていることから。黒川清流
 公園の遠路沿いに数か所見られますが、しばしばササと一緒に刈られてしまうため、今年は「黒川マイス
 ター」の皆さんが周囲を囲ってヤマホトトギスの周りだけササを刈り保護しました。

      ⇒ 9月の写真はこちら


○ 8月の黒川清流公園

  ヒヨドリジョウゴ(ナス科)
  つる性の草本で、黒川清流公園の水路沿いで多く見られます。ヒヨドリがこの実を好んで食べ
 ることからこの名があると言われますが、実際にはヒヨドリがそれほど好きなわけでもなく、秋
 に赤く熟す赤い実は冬まで残っていることが多いです。

      ⇒ 8月の写真はこちら


○ 7月の黒川清流公園

  キツネノカミソリ(狐の剃刀)ヒガンバナ科
  ヒガンバナと同じ仲間で、夏の終わりごろ、葉が枯れた後に地中から花茎が出てきてオレンジ色の花
 を咲かせます。黒川清流公園ではわきみず池付近で見られます。名前は葉の形を剃刀に例えたもの。
  東京都レッドリストで南多摩地域の「準絶滅危惧」に指定されています。

      ⇒ 7月の写真はこちら


○ 6月の黒川清流公園

  カキラン(柿蘭)
  山野の日当たりのよい湿地に生育し、黒川清流公園ではわきみず池周辺(保全地域の柵の中)に1か所、
 30株ほどがまとまって生育している場所があります。柿色の花からこの名があり、6月頃に黄褐色の花を一
 つの茎に5〜10個ほど咲かせます。黒川清流公園のカキランは他の地域のものに比べると大型で高さが50cm
 以上にもなり、花の最盛期には園芸植物かと思うほど派手に見えます。東京都のレッドデータブックで絶
 滅危惧TB類とされています。

      ⇒ 6月の写真はこちら


○ 5月初夏の黒川清流公園

  ナルコユリ(鳴子百合)
  黒川清流公園の園路に近い柵の中に1株咲いていました。山地の林下に生育し、5~6月に花を咲かせます。花
 が並んだ姿から鳴子の名前があります。

      ⇒ 5月の写真はこちら


○ 春の黒川清流公園

  4月も中旬になると桜の花も散り、代わってアマナやキンランなど野草の花が一斉に咲き始めました。
  下旬にはキンランが咲き、ハラグロオオテントウも顔を見せるようになってきます。

      ⇒ 春の写真はこちら


○ 2019年以前の黒川清流公園の写真

イロハモミジの紅葉
  12月の初めころまでは強い風が吹かないと美しいイロハモミジの紅葉を見ることができます。あ
 が並んだ姿から鳴子の名前があります。

      ⇒写真は こちらから