○ 9月の黒川清流公園

  ツリフネソウ(吊舟草/釣船草)ツリフネソウ科ツリフネソウ属
  山野の日当たりのよい湿地に生育し、黒川清流公園ではわきみず池周辺に多く見られます。
 花期は晩夏〜秋で、黒川清流公園では10月頃です。3〜4pの赤紫色の花が吊り下がるように咲
 くことから、また、花柄を釣り糸に見立てて釣り船のように見えることから、この名があります。
 ホウセンカと同じ仲間で、実は熟すと少しの刺激ではじけ飛びます。

  


  カリガネソウ(雁草)(シソ科カリガネソウ属)
  独特な形状の花を雁に見立ててこの名があります。花期は8〜9月なのでちょっと遅い開花
 ですが、黒川清流公園では初めての記録です。日野市の植物目録にも記録がないので、どこか
 らか種が運ばれてきたのでしょうか。一般的には山地に生育する植物なので、ここでこのきれ
 いな花が見られるのは幸運なことかもしれません。

  


  ヒガシニホントカゲ(成体)
  子どもの頃(幼体)は尾が青く輝いていますが、大人になると尾も含め全体が地味な茶色に
 なります。大人の尾は栄養を蓄える役割があるので、大人になってからの「トカゲの尻尾切り」
 はトカゲにとっては出来れば避けたいのです。子どもの頃は尻尾を目立つ色にして、敵に襲わ
 れた時には切り離し犠牲にすることで身を守っています。

  


  コミカンソウ(小蜜柑草) コミカンソウ科
  道端に生える雑草で、実が小さいミカンのように見えることからこの名があります。小さな
 葉が細い茎に規則正しく並んでいるので1枚の羽状複葉のように見えます。花期は7〜10月、
 写真の株はもう実になっていました。

  


  ザクロソウ ザクロソウ科
  道端に生える雑草で、葉がザクロの葉に似ていることからこの名があります。花も実もとて
 も小さく地味です。花期は7〜10月、写真の株はもう実になっていました。

  


  ノダケ(野竹) セリ科
  山野に普通に生える多年草ですが、黒川清流公園では多くは見られません。セリ科は白い花
 が多いのですが、ノダケの花はチョコレート色でちょっと目を引きます。花期は9〜11月。

  


  カナムグラ(鉄葎)

  


  ニホンカナヘビ(日本金蛇)

  


  ヤブタピラコ(薮田平子)

  


  キノコ(種は不明)

  


  ハナタデ タデ科
  湿った場所を好むタデの仲間で、黒川清流公園で多く見られます。イヌタデと比べて花がまば
 らに付き上品な感じがします。花期は8~10月。

  


  イヌコウジュ シソ科
  山野の道端に生える1年草。黒川清流公園には少なく、周辺の日当たりの良い場所で多く見ら
 れます。ヒメジソによく似ていますが葉や茎に触ると独特の匂いがするので区別できます。花期
 は9〜10月。

  


  ダイミョウセセリ セセリチョウ科
  イチモンジセセリほどではないですがよく見かけるセセリチョウです。セセリチョウの仲間に
 は珍しく翅を開いて止まっていることが多いです。幼虫の食草はヤマノイモなど。

  


  イネ科植物に産卵するイチモンジセセリ
  イチモンジセセリが食草のイネ科植物に産卵していました。石畳の隙間、除草されないといい
 のですが。

  


  ミスジマイマイ
  大きな右巻きの殻をもつカタツムリで、どこにでも普通に見られます。

  


  スジグロシロチョウ
  林縁や野原で普通に見られるモンシロチョウに似た蝶です。モンシロチョウとの違いはその名
 のとおり翅の筋が黒いこと。モンシロチョウよりも薄暗い環境を好むようです。食草はイヌガラ
 シなどのアブラナ科の植物です。

  


  アゲハチョウの翅

  


  ヤブミョウガの実

  


  ヤマホトトギス

  


  キセルアザミ(煙管薊)キク科アザミ属
  湿地に生えるアザミで、花が下向きにつき煙管のように見えることからこの名があります。東
 京都の絶滅危惧種で、南多摩地域では絶滅危惧TA類(近い将来における野生での絶滅の危険性が
 極めて高いもの)とされています。黒川清流公園ではわきみず池周辺(保全地域の柵の中)に多
 く見られますが、都内での生育地はごく限られています。花期は秋で、黒川清流公園では10〜11月
 にかけて咲きます。

  

  


  タイアザミ(大薊)別名トネアザミ(利根薊)キク科アザミ属
  秋に咲くアザミで、その名の通りとても大きく(背が高く)なり、枝先に多数の花をつけます。
 葉は深く切れ込みとげも長いのが特徴です。東北地方に分布するナンブアザミの関東に分布する
 変種で、関東地方の山野で普通にみられるアザミですが、黒川清流公園で見られる場所は限られ
 ています。

  

  


  アカボシゴマダラチョウ
  日本にはもともと奄美大島とその周辺だけに分布していましたが、20年ほど前に関東地方で突
 如として確認され、以後分布を広げています。放蝶により本州に移入した可能性が極めて高く、
 典型的な外来種と言えます。幼虫の食草が在来のゴマダラチョウと同じエノキなので、ゴマダラ
 チョウとの競合が懸念されています。2018年4月に外来生物法に基づく「特定外来生物」に指定さ
 れたので、生きたまま移動することは法律で禁止されています。

  

  


  ゴマダラチョウの翅
  黒川清流公園で外来種のアカボシゴマダラは良く見かけますが、在来種のゴマダラチョウは
 めっきり姿を見なくなりました。今シーズンも生きた姿は見ることができませんでしたが、園
 路に翅が落ちているのを見つけました。細々と命をつないでいるようです。

  


  アキノタムラソウにイチモンジセセリ
  住宅地から丘陵地まで様々な環境で見られる、最も一般的なセセリチョウです。黒川清流公園
 周辺でも良く見られます。セセリチョウの仲間は胴体が太く翅が小さいのでしばしば蛾の仲間と
 間違われますが、このように花の蜜を吸いにやってくるれっきとした蝶です。幼虫の食草はイネ、
 ススキ、エノコログサなど。

  


  クチバスズメの幼虫

  


  センニンソウ

  


  トキワハゼ

  


  ヒガンバナ

  

  

  

  白いヒガンバナ(彼岸花)

  


  クロアゲハ(黒揚羽)蝶

  


  クロカナブンとサトキマダラヒカゲ(里黄斑日陰)蝶

  


  ツユクサ

  


  ヒメキンミズヒキ

  


  ヤマホトトギス