○ 11月の黒川清流公園

  カモで賑わう大池
  大池のカモがだいぶ増えてきました。この日はマガモ12羽(オス5羽、メス7羽)、カルガモが22羽、
 合わせて34羽と今シーズン最多でした。まだまだ記録は伸びるでしょうか。

  


  マガモのペア

  

  
  イロハモミジ

  


  


  ケヤキの黄葉

  


  ニシキギの実
  秋に熟すと果皮が割れて中から橙赤色の仮種皮に覆われた小さな種子が現れます。ニシキギの実は小
  さく同じニシキギ科マユミほど目立ちませんが、冬の雑木林に彩りを添え、小鳥の餌にもなります。

  


  キセルアザミの花と種
  キセルアザミがまだ咲いています。おそらくこの株が最後でしょう。隣には花が終わって綿毛(種)
  を付けた株があります。

  


  マユミの実: 秋にピンク色に熟すと4つに裂け、中から真っ赤な種子が現れます。この種子は色々な鳥が
   食べますが、特にキツツキの仲間のコゲラが好んで食べることは良く知られています。

  


  アキノタムラソウ
  7月初めに咲き始めて3か月以上がたちますが、まだ花を咲かせています。

  


  マユミの実
  秋にピンク色に熟すと4つに裂け、中から真っ赤な種子が現れます。この種子は色々な鳥が食べま
 すが、特にキツツキの仲間のコゲラが好んで食べることは良く知られています。

  

  


  マガモのペア
  1週間前に6羽いたオスは2羽減って4羽に、1羽いたメスは1羽増えて2羽に、結果、ペアが2組出来て
 いました。

  


  タイアザミにジョロウグモ
  9月初旬に開花したタイアサミににジョロウグモ(女郎ぐも)がいました。

  


  シロヨメナ(キク科)
  秋に咲く白い花の菊です。黒川清流公園ではわきみず池と大池の間の水路の石垣の上に毎年咲きま
 す。水路(道路)側に向かって咲いているので林の中の園路からは見えません。水路沿いを歩きなが
 らちょっと上の方を探して見て下さい。

  


  キセルアザミ
  11月に入りましたがまだきれいに咲いています。昨年は12月に咲いている株がありましたが今年は
 どうでしょうか。

  


  マガモのオス6羽とメス1羽
  11月4日、大池にきれいな冬羽のマガモのオス6羽とメス1羽が来ていました。これからメスが増え
 て6ペアになるといいのですが。