ツバメの巣がある家に貼ってもらおうと2005年に始まったシール作りは、
翌年から「つばめのくるまちシール」という名前に変わり、
ツバメを大切にしてくれるみなさんにお配りしています。
シールのデザインは2007年のシールまでは中学生のみなさんから募集していましたが、
2008年のシールからは小学生と中学生のみなさんから募集することになりました。

これまでのシール作品

2005年
飯田晴奈さん(七生中)
2006年
風間里沙さん(七生中)
2007年
藤井那々子さん(三沢中)

ツバメシール原画展

2006年6月1日〜30日の間、日野市役所1階ホールで、ツバメシールの応募作品の原画展を行ないました。

応募していただいた103作品すべてと、日野市がツバメシールを通した交流を行っている石川県と京都府のツバメシール作品も展示しました。

市役所ロビーでの展示の様子

日野市と石川県の優秀作品

日野市の応募作品

京都府の作品

石川県の作品