貴重な緑をみんなの手で保全しよう!

 日野市は「緑と清流」のまちです。これまで多くの市民の皆様と行政との協働によって、
崖線や丘陵地の雑木林などを公有化または緑地信託という形で保全するよう努めてまいりま
した。

 また、日野市と市民団体共同で毎年開催している「雑木林ボランティア講座」や「農の学
校」の受講者が、身近な雑木林や都市農地の管理ボランティアとして活躍されるなど、市民
の皆様の保全に対する意識の高くなってきています。

 市では、環境基本計画をはじめ様々な施策を展開して保全に努めていますが、年々失われ
ていく緑と農地の減少にストップをかけられないのが現実です。

 私たちは、日野市の原風景ともいえるこれらの貴重な財産を次の世代に伝えるため、市民
一人ひとりの力を結集し、市内に残された貴重な緑と農地を公有化するなどして保全するた
めの活動を行うとともに、緑地や農地の取得にかかる資金の一助となるよう、市内の緑地保
全活動を行っている団体が集まり「ひの緑のトラスト」を設立し、貴重な緑の取得などにつ
いて粘り強く日野市に要請してまいりました。

  
    (日野市消費者運動連絡会「ひの緑のトラスト」パンフレットから)

 地道な活動ではありますが、現在まで継続的に雑木林のボランティアに汗を流し、募金活
動名を行ってきた結果、念願だった百草地区「新堂が谷戸」3,509uの緑を平成30年
度に日野市が取得する予定となりました。

  


 今後も緑地等が開発などの危機に面したときの活動のため、緑化基金として募金活動は継
続していきますのでよろしくお願いいたします。

  寄付のお願い

 「ひの緑のトラスト」では、継続的の募金活動を行っています。トラストの趣旨にご賛同
いただける皆様のご協力を心からお願いいたします。
○寄付を希望される方は、トラストの事務局である「日野市立カワセミハウス」にお申し出
 下さい。

○寄付金額が5、000円を超えると税の控除を受けることができます。

○いただいた寄付金は「日野市環境緑化基金」に積み立てられます。
 「日野市環境緑化基金」は、市内の緑化推進及び緑地保全の資金を積み立てるために日野
市の条例に基づき設置された


トラストの構成

トラスト構成団体

 ・新堂が谷戸蛍の会      ・倉沢里山を愛する会
 ・南丘雑木林を愛する会    ・日野市環境基本計画推進会議みどりグループ
 ・日野の自然を守る会     ・百草山の自然と文化財を愛する会
 ・東豊田緑湧会        ・緑地管理ボランティアの会
 ・環境市民大学OB会      ・谷仲山緑地を守る会       (順不同)

代表者 笹木延吉(谷仲山緑地を守る会)

事務局 日野市立カワセミハウス
     〒191−0052  日野市東豊田3−26−1

     電話・Fax:042(581)1164

     E-mail: kawasemihouse@jcom.zaq.ne.jp