カワセミハウス」は、(旧)環境情報センターと吹上地区センターの機能が一つに なった複合施設として2017年4月に東豊田にある黒川清流公園の隣接地にオープンしました。
  この施設は、近隣の豊かな緑と水のロケーションを生かし、まちの宝である身近 な自然環境の重要性を広くアピールするものです。
  また、日野市でしか味わえない潤いある豊かな暮らしを創 造する拠点、施設を訪れる人々による新たなコミュニティーづくりの拠点を目指しています。

・住所:〒191-0052
     東京都日野市東豊田3-26-1

・Tel/Fax: 042(581)1164

・メールアドレス: kawasemihouse@jcom.zaq.ne.jp





・アクセス
       


<カワセミハウスのご利用>

カワセミハウスの施設は、地域のコミュニティの場として集会室やラウンジ、芝生庭などどなたでもご活用していただくことができます。



 ●開館日と営業時間
  毎週月曜日と年末年始の12月29日〜1月3日の期間を除く日が開館日です。 月曜日が祝日の場合は開館し、翌日の火曜日に休館します。
  営業時間は朝9時から夜9時半です。

 ●利用方法
  集会室を使うにはカワセミハウスに使用申請を行い許可を得る必要があります。 申請できるのは、申請日の属する月の3か月前の1日(各月の最初の開館日)からです。
  例えば、10月10日に使用予定であれば、その3か月前である7月10日が属する月の1日、 つまり7月1日から申請できるということになります。予約のない室は当日でも申請できます。
  なお、各月の最初の開館日(1日)には電話での仮予約はできませんので、 直接カワセミハウスの窓口にお越しください。

  予約は申請書がカワセミハウスに提出されることで確定します。電話での予約は仮予約という扱いであり、 7日以内に申請書を提出していただく必要があります。申請書の提出がない場合、予約は無効となりますのでご注意ください。

 ●使用料
  集会室は3室あり、時間帯ごとの1室の使用料は次の通りです。3室の一括使用および全日使用も可能です。
  集会室を除くラウンジやオープンキッチン、芝生広場の使用は無料です。

時間帯 時 間 使用料 
午 前  9:00〜12:00 300円
午 後  13:00〜17:00 400円
夜 間  18:00〜21:30 350円
全 日  9:00〜21:30 1,050円


  カワセミハウス協議会に登録している自治会や環境市民団体、あるいは個人の方等は使用料が減免となります。

 ●備品など
  ア)室内の壁や窓に沿って全館でピクチャーレールが設置されています。写真や絵などの展示を希望される方はお問い合わせください。

  イ)マイク、アンプ、ホワイトボード、60インチTVモニターなどの機器が利用できます。ご希望の方は集会室の使用申請時にお問い合わせください。

  ウ)オープンキッチンには大型の冷蔵庫、電子レンジのほか、包丁、コップ、コーヒーカップ、お皿、スプーンなど調理に必要な什器は一通り備えられています。ご利用ください。


<カワセミハウス協議会の活動>

  カワセミハウス協議会は、利用者間の交流・相互理解の場として「日野市立カワセミハウス」のオープンと同時に発足しました。利用者同士、および利用者と市との連携・連絡のため、3ヶ月毎に開催されています。2017年11月時点での参加団体(者)数は、自治会や環境活動などの団体が42、個人が2の計44グループに上ります。
  協議会ではカワセミハウスの運営事業にご協力いただける団体や個人の参加をお待ちしています。申込用紙はカワセミハウスにありますので、いつでもお問い合わせ下さい。

  [協議会の開催履歴と議事録]
 ・第1回(平成29年5月27日)参加30グループ 〜議事録
 ・第2回(平成29年8月26日)参加26グループ 〜議事録
 ・第3回(平成29年11月25日)参加 グループ 〜議事録


<環境情報センターとしての事業>

 カワセミハウスは、(旧)環境情報センターで行っていた以下の事業を引き続き行っています。
・環境情報の収集および発信
・環境学習の推進
・環境基本計画の実行
・市民協働による環境保全活動の支援

 カワセミハウスは、市民向け環境学習講座の開催や市民団体の活動支援、環境ポスターやパンフレットの展示、調査報告書や書籍の収集を行うほか、環境保全活動を行う市民グループのために集会の場も提供しています。


<ニュースレターの発行>

 ニュースレター”カワセミハウス通信”を年4回発行します。このニュースレターでは、四半期ごとのカワセミハウスの活動結果とイベントの開催予定をお知らせする他に、日野市の環境に関する豆知識や環境団体を紹介する記事を載せます。

 ■ ニュースレターの最新版とバックナンバー  こちらから

 年次報告書は1年間に行ったセミナーや学習会などの活動内容や参加者数、施設の利用状況などの基本的な情報に加え、セミナーで配布された資料焼スライド、市民による調査や研究結果の論文などを収録します。

 ■ 過去の年次報告書     こちらから


<小倉センター長が「とうきゅう環境財団 社会貢献学術賞」を受賞!>

 以下、公益財団法人『とうきゅう環境財団』のHPに記載されている賞の贈呈理由です。

おしらせ   2016.11.11
第8回社会貢献学術賞贈呈式が開催されました。

「陸水学」の第一人者 小倉 紀雄氏へ贈呈
 公益財団法人とうきゅう環境財団(理事長 鈴木克久)では、平成28年度「第8回 とうきゅう環境財団 社会貢献学術賞」を小倉 紀雄氏(東京農工大学 名誉教授)へ贈呈致しました。

 当財団は、多摩川およびその流域の環境改善を図ることを目的に昭和49年8月に設立され、以来、多摩川の環境浄化に関わる調査・研究に対し助成事業を続けております。平成21年8月、財団設立35周年記念事業として、我が国の学術振興に資することを目的に新たに「社会貢献学術賞」を制定し贈呈事業を開始いたしました。

 本年度の「第8回 とうきゅう環境財団 社会貢献学術賞」につきましては、日本陸水学会様よりご推薦をいただいた、東京農工大学 名誉教授 小倉紀雄氏に贈呈いたしました。 小倉紀雄氏は、我が国における「陸水学」の第一人者であり、環境省越境大気汚染・酸性雨対策検討委員会・国土交通省河川生態委員会の委員を永年務めてこられました。政府や自治体の審議会等を通し、環境行政の推進に大きな功績を残す一方、教育の分野においても水の環境に関して学ぶ多くの学生、研究者にとって基本的な教科書を作成し人材を育成し、環境保全や市民環境科学に対して多大な貢献を行ってまいりました。

 本賞は、日本の環境分野(環境保全、環境科学、環境技術など)において学術的、社会的に特に顕著な業績(調査、研究、環境科学技術の発展、行政施策への推進、実践活動など)を挙げた研究者を顕彰するものであり、小倉紀雄氏の実績はまさに本賞の趣旨に合致するものと考えております。

 第8回社会貢献学術賞贈呈式は、平成28年11月9日(水)14時 東京都渋谷区のセルリアンタワー東急ホテルで開催されました。

 『とうきゅう環境財団』のHPでは、小倉センター長のこれまでの研究業績など、より詳しい情報がご覧頂けます。 こちらから